Mapion Coin 9x millionaires visit SotaTek

2019年11月8日

SotaTekは、シンガポールに本拠を置く日本人の創業者がいるMapion Coin社の若い億万長者を歓迎します。 Mapion Coinは、ICOプライベートセールで500万ドルを調達したため、確実に成功するスタートアップになります。

「トークンエコノミー」について聞いたことがある人は、そのトークンエコノミーの経済的実体、つまりMapion Coinの鮮明な例があります。

Mapion Coinが実装しようとしているアイデアの1つはC2 ATMです。これは、旅行が好きな人にとって間違いなく非常に興味深いと思います。多くの観光客が遭遇する問題があるので、海外旅行の後、通常、金額が少ないか、銀行が大きな額面の紙幣しか受け入れないため、使い果たせず、銀行で交換できない残り金額があります。一人づつに対して小さな金額ですが、社会的規模では、この未使用額は膨大な数です。

2012 年の調査では、手元に残るタンス外貨は日本全体で約1兆 3000 億円になり、1 ⼈あたり 3 万円を余らせていることが分かっています。また、総合旅⾏プラットフォーム「エアトリ」が 2019 年 5 月に発表した調査によると、9割の⼈が海外旅⾏で外貨が余るという経験をしていることが判明しました。そのうち持ち帰り保管する ⼈が 66% を超え、多くの⼈が両替所や銀⾏等での手数料や少額すぎる点で悩みを抱えていました。

フェーズ2計画では、Coin Mapは仮想通貨ATMを国際空港に配置して、現地通貨を発行するMPCトークンに交換することで、莫大なお金を無駄にしないようにします。 、トークンは流通に戻り、Mapion Coinの製品エコシステムでインセンティブまたは製品と交換できます。

もちろん、プロジェクトが最初の計画として発展できるようにするには、製品の構築を成功させるための優れた技術チームを持つ信頼できるパートナーが必要です。それが、Mapion Coinの社長と創設メンバーがSotaTekのオフィスにいらっしゃる理由です。

この写真のチームの握手のおかげで、トークンエコノミーの製品がすぐに表示されることを願っています。