製造

エンドユーザー向け 書類作成RPA

この 書類作成RPA ボットは、 Office 365、 Sharepoint Teams などのさまざまなプラットフォームと連携する。 UiPath が提供する AI の一種である Document Understanding を利用してPDF ファイルや画像ファイルを 処理する。

チャレンジ

プロジェクトの主な対象ユーザーは、頻繁に文書を作成する学生、教師、オフィスワーカーです。これらのユーザーは、手動で文書を作成しフォーマットするのに多くの時間を費やしており、結果として反復作業やエラーが発生しやすくなっています。このような作業方法では、フォーマットやレイアウト、コンテンツの一貫性が欠け、結果的にプロフェッショナリズムやブランドの一貫性に影響を及ぼす恐れがあります。さらに、ユーザーは複数の情報源からデータを文書に統合する際にも困難を感じており、これがエラーや一貫性の欠如、文書作成の遅れを招く原因となっています。

ソリューション

このプロジェクトでは、小規模な機能に分割し、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)活動へと変換するアプローチを採用しました。この方法により、作業の実行時間を短縮することが可能となり、またスクリプトのデバッグや修正も容易になりました。

特徴

この書類作成用のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ボットは、Office 365、Sharepoint、Teamsなどの様々なプラットフォームと連携します。また、UiPathが提供するAI技術「Document Understanding」を活用して、PDFファイルや画像ファイルを効率的に処理することができます。このボットは、これらのファイルから必要な情報を抽出し、自動的に文書を作成するのを支援します。

 

 

back to top